大阪の家具、インテリアの通販サイト | マルキン家具

大阪の家具専門店マルキン家具 店舗案内

Tel.06-6641-0467
受付時間/10時~18時 (水・日曜を除く)
商品数:0点
価格:0円

家具について

家具のお手入れ 家具のニオイ編

ちょっと気になる家具のニオイ

木製家具は、購入後すぐは、接着剤や塗装のニオイが強い場合があります。
扉、引き出しを開け放しにして、風通しを良くしてください。

製品にもよりますが、数日から数週間でニオイは薄らいできます◎
それでも気になる場合は、市販の消臭剤(活生炭など)を入れてみてください。
お部屋の風通し(喚気)を良くし、家具を壁に密着させずに、少し離しておくのも オススメです♪

家具のお手入れ ソファ編

本皮革(レザー)の場合

長くお使いいただくには、直射日光を当てないのが大切!!硬化、表面の荒れにつながります。

日当たりのよい部屋では、カーテン・ブラインド等を活用してください。
そして、ホコリを小まめにはらい、柔らかい布(綿下着の古いのでヨイです)で軽く乾拭きするだけで結構です。

汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めた液で拭いた後、かために絞って、水拭きを必ずしてください。
あとは、自然乾燥させます。

また、汚れがひどい場合は、メラミンスポンジ(べっぴんさん等)で、たっぷりの水を含ませ、表面を軽くコスる。
あとすぐに、水分、汚れを拭き取り、自然乾燥させてください。
(市販のクリーナー等は、すべりやすくなるモノがあるので要注意です)

表面に、ナメらかさがなくなってきたり、ザラつきが目立つようになってきたら、市販の皮革保護材や栄養クリームを使用されても、差しつかえありませんが、ひどくなる前に一度、当店にご相談いただければ。。と存じます。

本皮革は、椅子張材として、非常にすぐれた特性と丈夫さを持ち合わせた
最高の素材です!!長くお使いいただく為に、参考にしていただけば、幸いです。

合成皮革(ビニ-ルレザー・ソフトレザー)の場合

長くお使いいただくには、直射日光を当てないのが大切!!硬化・ヒビ割れの原因になります。
日当たりのよい部屋では、カーテン・ブラインド等を活用してください。
そして、ホコリを小まめにはらい、柔らかい布(綿下着の古いのでヨイです)で軽く乾拭きするだけで結構です。

汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めた液で拭いた後、かために絞って、水拭きを必ずしてください。
あとは、自然乾燥させます。
また、汚れがひどい場合は、メラミンスポンジ(べっぴんさん等)で、たっぷりの水を含ませ、表面を軽くコスる。
あとすぐに、水分、汚れを拭き取り、自然乾燥させてください。
(市販のクリーナー等を、使用してもかまいません。)

合成皮革は、ご存知のとおり、石油製品です。経年劣化は、避けられません。
乱暴なご使用は避け、丁寧にお使いいただく事で、長く楽しんでいただけます。

布張りの場合

長くお使いいただくには、直射日光を当てないのが大切!!色やけや傷みが早くなります。

日当たりのよい部屋では、カーテン・ブラインド等を活用してください。
そして、ホコリを洋服ブラシなど(柔らかいブラシ)で小まめにはらってください。

汚れがついた場合は、中性洗剤を薄めた液で拭いた後、かために絞って、水拭きを必ずしてください。
あとは、自然乾燥させます。

ひどい汚れや、食べ物などを落とした場合は、蒸しタオルで、丁寧に拭くとよいでしょう。
(市販のクリーナー等を、使用される場合は、目立たない部分で試してから、ご利用くださいませ)

家具のお手入れ 木製家具編

木製家具の場合 (タンス・本棚・サイドボード・ラックなど)

材質・仕上げにより手入れ法にも多少の違いがありますので、よく確認の上、お手入れしてくださいね。

一つの家具でも何種類かの材質を組み合わせて使用してある場合があります。(例:天然木と樹脂板など。)
※分かりにくい場合は、お店で聞いてくださいませ。

天然木(無垢・突板)

直射日光をさけ、色やけ、色あせ、表面のヒビ割れなどの原因になります。カーテンやプラインド等を活用してください。また、コマメにホコリを払い、柔らかい布(古い綿の下着など)で、空拭きしてください。

汚れが、ひどい場合は、中性洗剤をうすめた液、または家具用クリーナで拭き、その後、必ず、水拭き(硬めにしぼって)をしてください。

艶のある塗装をしてある家具については、家具用艶出し剤(市販のモノ)で。※艶のない家具には、使用しないでください!!

また、艶のない家具は、柔らかい布で、特に優しく空拭きするようにしてください。←ゴワゴワしたタオルなどでは、表面に傷が出来たり、変な艶がでますので、ご注意ください!!

樹脂板(メラミン・ポリエステル 等)

ホコリを払い、さっと水拭きし、あと柔らかい布で、水気の残らないよう空拭きをします。

汚れがひどい場合は、中性洗剤をうすめた液、または家具用クリーナで拭き、その後、必ず、水拭き(硬めにしぼって)をしてください。

カラー合板・プリント合板 等

よくホコリを払い、汚れをつけないようにできるだけ注意してください。

汚れがひどい場合は、中性洗剤をうすめた液、または家具用クリーナで拭き、その後、必ず、水拭き(硬めにしぼって)をしてください。

強くコスると、表面の色がとれたり、破れることがありますので、注意してください!

白木のもの

塗装してあるものについては、上記、天然木の棚のお手入れ法↑をご覧くださいませ。

無塗装のものや、桐タンスなどは、水分・油分・人間の手垢なども厳禁ですので、コマメにホコリを払い、柔らかい布で、空拭きしてください。

汚れがある場合には、テーブルクロスなどを事前に用意されると良いでしょう。

木製家具に傷がついてしまったら・・・?!

クレヨンタイプや、マーカータイプの補修材が市販されていますので、ちょっとした傷なら、それで十分です◎
少し濃い目の色を使うと、よりわかりにくくなるので、オススメです。

深い傷や、大きな傷は、簡単には、補修できませんので、ご購入されたお店で、ご相談されるとよいかと思います。
傷のつきやすいテーブル天板や、飾り棚天板などは、元より、テーブルクロスや、保護飾り布などを、ご利用されることをおすすめします。

家具のお手入れ UV塗装のお手入れ法

UV塗装は、溶剤に強く、すり傷やホコリがつきにくいので、日頃のお手入れは、カラブキで十分です○

また、手あか、水性の汚れの時は、カラブキ、もしくは、水を含ませて硬くしぼった布でふき取り、油性の汚れについては、ベンジンを含ませた布で拭き取りとるとヨイでしょう。

家具のお手入れ サイドボードやキャビネット

食器棚

食べ物のにおいがついた時は、一端、中の物を全部出して、熱いお湯でかたく絞った布で拭き上げてください。
その後、風を通して、十分に乾燥を。

また、においが特に気になる時には、茶ガラを乾燥させたものを小皿に入れ、棚の片隅に置いておくと、アラフシギ!!
嫌なにおいが消えてなくなるはずです。

また、食器棚には、ワックスの代わりに、純正のオリーブ油 適しています。キズも目立たなくなり、自然なツヤが出ます。

PICK UPおすすめの家具

  • 高山ウッドワークスの家具

  • 北欧家具の名作

  • リゾート家具

  • 天然素材の照明

MATERIAL素材で家具・収納を選ぶ

SERIESシリーズから選ぶ

INFOMATIONインフォメーション

  • 家具・収納のよくあるご質問
  • 家具・収納について
  • 大型家具・収納の配送設置について

ページの上部へ