TEL:06-6641-0467 - MAIL:net@marukinkagu.net

NEWS / BLOG

「美」について 陰陽での 愛と美 より

今年の1月に行った講演で陰陽思想の話をお聞きした。
陰と陽は対で 良い・悪いはない。前と後、右と左など
右という概念が生じた瞬間 左は存在している。そういう感じで どちらも対等なのだそうだ。

対談されてた方が 私の好きな陰陽を紹介したいと言われ「愛の対は?」と質問された。

愛の対は「美」だそうで、人は愛されて美しくなる というのがステキと話されていた。
なるほどと思いながら 先日聞いた話と結びついた。

「生くる」「友よ」などの著者で講演もよくされている執行草舟氏の講義では

仁=愛 で家庭を表す  義は仕事を表し 社会の理不尽に相対する。
そして家庭は仕事を効果的に行うための 癒しの場所であると言われていた。

仁と義は対で仁=愛なら 義=美 ということになる。

同じイシキカイカク大学で講義された田口氏は
母性は仁、父性は義で 共に幼児教育には大切なものだと説かれていた。

義=美
義とは、
・条理。正しい道。道理にかなったこと。人道に従うこと。
・利害をすてて条理に従う。公共のために尽くす気持。  とネットに書いてある。

「義」という漢字を分解すると  「美しい我」 になる。

この話を田口氏から聞いた時 強く感情を揺さぶられた。
「義」という言葉を表すのに これほど見事な表現は無いと思う。

そして「美」という概念が 改めて深く尊いものに思えた。

日本人の従来の仕事観は、仕事に 美 を追求することなのだと思う。
だから日本では たとえば商道 のように「・・道」 とつけるのかなと。

馬渕睦夫氏が講演などで
「世界情勢を把握したうえで 私たち一人一人は何ができるのでしょうか?」という問いに
それぞれの仕事を極めてください」と答えられているのに、私はとても感銘をうけたのだが、
仕事を極めることが己の美を深めることにつながり、世の中の理が見えてくる 、
そして多くの人がそのようになると 有事の際に、国民が惑わされず的確な判断ができる、
そのようなことを願われているのかと思った。

元々 仕事や人生で美を理解したいという 欲求はあったが、
これからは美を理解し 仕事を通して美を極めていけるようになりたい。

The following two tabs change content below.
代表 金谷光憲

代表 金谷光憲

大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

関連記事一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事