家具のことなら大阪マルキン家具 | おすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

ローテーブル選びで悩んだ時に確認する3つのポイント

 カテゴリー:ローテーブルについて

ローテーブルのサイズや形、選び方について

ポイントを3つご紹介

・サイズ感を確認する
・好みの形や必要なデザインについて
・まわりの家具との色味を確認する

サイズ間隔に注意

デザインなどの見た目で選ぶことが多いですが、
意外と大きすぎる場合など、サイズが原因の失敗もありますので、部屋の広さや合わせる家具のサイズを確認しましょう。

ローテーブル選びのポイント、幅100cmあたりのものは一人暮らしや個人部屋での使い勝手が良い

幅100cmあたりのものは一人暮らしや個人部屋での使い勝手がよく

120cm以上は、広いリビングで存在感のあるどっしりとしたイメージです

120cm以上は、広いリビングで存在感のあるどっしりとしたイメージです。

ローテーブル選びのポイント、高さは座って過ごすなら36cm以下が使い勝手がよく、ソファならそれ以上が良いかと思われます

高さは、ソファなどに合わせるか、床に座って過ごす場合かで判断すると良いと思います。
座って過ごすことが多いならローテーブルの高さは36cm以下が使い勝手がよく、ソファならそれ以上が良いかと思われます。

デザインは好みを大事に

長方形、正方形、円形、楕円形、三角形のような変形など、色々ございます。
基本的にデザインや好みで決めていただくのがおすすめです。

ローテーブル選びのポイント、デザインは好みで決める

変形は利便性は低いですが、形はユニークで、お部屋のアクセントとなるでしょう。
丸みがあるテーブルは小さなお子様がいる場合など、安全性で選ばれることも多いです。

ローテーブル選びのポイント、ユニークな形は、お部屋のアクセントとなるでしょう

生活に合わせた機能的なテーブル

ローテーブル選びのポイント、収納付きでリビング周りをすっきり

収納付き、棚付きも生活スタイルによってお選びください。
棚付きは 床に座って生活する場合、足が入らないのが難点です。

ローテーブル選びのポイント、棚付きでテーブルの上をすっきり

コーディネートを考えよう

ファッションは脚元が重要です!脚を周りの家具と合わせるのが一つのポイントです。

ローテーブル選びのポイント、脚を周りの家具と合わせる

ソファの脚が木製ならローテーブルの脚も木製のものにして統一感を作ります。
似たような形、素材感、カラー等で統一するとコーディネートがより引き締まります。

ローテーブル選びのポイント、脚をアイアンで合わせたシーン
ローテーブル選びのポイント、脚をウォールナットとブラックガラスで合わせたシーン
ローテーブル選びのポイント、床のイメージで和風に合わせたシーン

ローテーブル選びのまとめ

・部屋の広さや合わせる家具のサイズを確認する。
・生活に合わせた高さを選ぶ。
・形は好みで選んでみる。ユニークだとワンポイントになって良い。
・収納付き、棚付きなど生活に合わせた機能で探す。
・合わせる家具の素材、カラー等で統一感を作る。

マルキン家具