家具のことなら大阪マルキン家具 | おすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

コミュニケーションの場として活躍してくれるラウンドダイニングテーブルをご紹介。

 カテゴリー:おすすめの家具情報

マリーダイニングテーブルをご紹介

ダイニングテーブルでご検討されている方で、

実用性のあるテーブルが良いのか?

デザイン性を選ぶのか?

家具選びで商品の選択をする際に様々な用途を考えると悩みますよね。

そんなお悩みの方にオススメなダイニングテーブルをご紹介します。

部屋のスペースを気にされている方、また家族の会話を楽しみたい方、
スタイリッシュなデザインがお好きな方などで、
ダイニングテーブルをお探しの方にラウンドテーブルがおすすめですよ。

今回はそのラウンドテーブルでオススメのマリーダイニングテーブルはいかがでしょうか。

ラウンドテーブルのメリットとは

全方向からアプローチできる ラウンドテーブル 。

テーブルをラウンドタイプにすることでスペースにゆとりが出来、
ダイニングスペースをリビングとして捉えた「ダイニングレス」な
空間に仕上げることが出来ます。

一本脚のラウンドテーブルは
大きな天板をしっかりとした中央の脚で支え、安定感があります。
通常の4本脚に比べ、脚が邪魔にならないので、360度座ることが可能。

曲線とオーク材が柔らかい印象を与えるインテリアとなり、
ダイニングチェアを持ち寄って円になれば、仲間との会話もより愉しむことができます。
家族が集まり、コミュニケーションの場として活躍してくれること間違いなしです。

そしてラウンドテーブルの特徴でもありますが、
家具に丸みがあると角が無い分柔らかさを感じさせる効果があり、
インテリアとして部屋全体の印象がやさしくなります。

ダイニングテーブルは四角く角張った物が一般的ではありますが、
角が取れた丸型のダイニングテーブルはやさしい印象で部屋が広く見える効果がある為、
お部屋がスッキリ見えるのでおすすめです。

ラウンドテーブルにはこれだけ利点があり、
その商品の利点や欠点をしっかり知ることで、家具選びの選択肢も変わっていきます。

ラウンドテーブルのデメリットとは

使い勝手の良いラウンドテーブルですが、どんなものにも欠点はございます。
ではどういう欠点なんでしょうか?

例えばラウンドテーブルと四角いテーブルを比べるとどうしても
ラウンドテーブルの天板の方が狭く感じてしまいます。

また天板が実際同じ面積の場合、お部屋の空間は広くみえても、
端に置いてしまうと使えないスペース(デッドスペース)ができてしまい、
狭く感じてしまうのです。

ラウンドテーブルについての詳細はこちら

 

特に小ぶりな丸テーブルにしてしまうとお食事の際、
カトラリーや食器をたくさんのせたり、
寒い時期にはお鍋など置いてしまうとそれだけでテーブルが手狭い為、
料理を取り分けるスペースがとりづらくなってしまいますが、
このマリーダイニングテーブルでしたら、小さ過ぎず、また大き過ぎない天板の為、
ラウンドの欠点も解消出来ますよ。

幅広くコーディネートしやすい

コーディネートも安定感と柔らかさのあるダイニングチェアをお選び頂ければ、
存在感のある寛ぎのスペースにもなりますし、
圧迫感を与えないロータイプのチェアを合わせ、
ブラックカラーで空間をきゅっと引き締めることで、スタイリッシュにもなります。
幅広いお部屋のテイストにも相性が良い万能なダイニングテーブルです。

いかがでしょうか。
今回はオススメのラウンドテーブルをご紹介致しましたが、
大阪マルキン家具ではラウンドテーブルのほか
多数ダイニングテーブルを展示しております。
是非一度お店でご覧頂き、お気に入りの家具を見つけてください。

ダイニングテーブルの詳細はこちら
オススメのラウンドテーブルの詳細はこちら

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 スタッフ
大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら
マルキン家具