家具のことなら大阪マルキン家具 | おすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

家具屋3代目の社長ブログ

吉村思風先生の感性論哲学 人格について・仕事についてのまとめ

2016年 再度 吉村思風先生の感性論哲学の講義を受ける機会があり、 そのときのノートを久しぶりに見返しました。 こちらに要約したいと思います。   ◆哲学的歴史のながれ 理性 / 分析・対立 → 感性 / 統合 へ 経営もあらゆるものを結びつけ 相乗効果を出すように、自分自身・組織自体を大きく変えよ 資本主義 → 人格主義経済 へ お金を増やすために働くのでなく、人間が成長・豊か・本物…

大阪 マルキン家具 海外ツアー (その2) ~お勧めレストランなど ~

  昔 メーカー社長に連れて行ってもらい、それ以降良く通うようになった ベトナム料理のお店 「Le Dalat」   今回の 大阪 マルキン家具ツアーでも 利用しました。   メーカー訪問後、3組に分かれて自由行動。レストランに直接集合したところ 大半が遅刻。。 ただ 皆さん 自己責任ある大人たちの集まりだし 、それも想定内。 時間どおり集まったメンバーだけで乾杯し、…

大阪 マルキン家具 海外ツアー 開催しました

去年、私の仲間でありお客様でもある インテリア関連の社長たちを連れて 大阪マルキン家具 海外ツアーを開催しました。   まずは展示会場にて さまざまなメーカーを見学。   当店で取り扱っている生地メーカーの巨大タペストリー   右:素材を活かした小物家具 & アウトドア対応 スツール 左:ステンレス製 アウトドア対応 シェルフ 共に近日入荷 します。   &…

ミラノ お勧めレストラン 3店

ミラノサローネ時に入ったお勧めレストランを3店紹介します。 1つめ Trattoria Trinacria  Via Savona, 57, 20144 Milano MI, イタリア スーパースタジオ近くにあり 店構えが良かったので、 たまたまランチに入ったお店。 OPEN前でしたが お願いすると 入れてもらえました。 地下階があり案内されると 中は以外に広く 風情がある店内でした。 &nbsp…

フィレンツェ お勧めレストラン 2店

ミラノサローネ出張、最終日は日帰りでフィレンツェへ。 ミラノ 中央駅にて 特急で片道2時間弱。天気は残念ながら大雨でしたが、まずは散策しながら サンタ・マリア・デルフィオーレ大聖堂へ。   想像以上の長蛇の列に中に入るのを断念。 ランチのレストランを探しながらPonte Vecchio橋へ   橋の両側に建物が並ぶ中世の石造りの橋。地価は高くここにショップを出すのが ステータスだそうです…

大下倉和彦さんの高倉染とマルキンのコラボイベント in 阪急梅田本店7F

  京丹後のちりめん製造業の家で生まれたアーティスト大下倉和彦さん。 出会いは2年前、信頼する友人の食育の会でした。 その後すぐ 阪急イベントの彼のブースに家族で立ち寄ったところ、 ペイントされたスニーカーが いい感じだったので購入しました。 彼の作品は とても興味深く私は好きなので、いつかマルキンの家具とコラボしたら おもしろいねと話していたところ、 今年の1月、彼から阪急百貨店のイベ…

バンコク出張(その2)バンコクお勧めステーキレストラン&ゴルフ

ビジネスマッチングが終わった後は、 仲間たちとお気に入りのステーキハウス EI Gaucho へ。 http://elgaucho.asia/ 値段は タイ? と思うほど 高額ですが、1kgのステーキはかなりのボリュームで おいしいディナーを楽しみました。  トマトサラダ。 中央にあるチーズと とても合います。 ニンニクとパン  このニンニクも楽しみの一つ 食べ終わってチェックを済ますと…

バンコク出張 (その1)タイ国商務部 主催の ビジネスマッチングに出席

2月下旬、タイ国政府商務部(DITP)に招待されてバンコクへ。 初日の夜はセイアム地区にopenした新しいショッピングセンターを見学。   バンコクでも中国人観光客が増えているため、 彼らを意識したブース(オブジェ)ができているそうです。   店内は巨大で、ハイセンスなブランドから水上マーケットを模した屋台など エレルギッシュにあらゆるものを内包していました。   当…

【ひな祭り】日常の暮らしを楽しみ、娘の成長を願う。子供の姿勢を守るベビーチェア

雛祭りの日、ママにちらし寿司と卵抜き茶碗蒸しを振る舞ってもらい、大喜びの娘。 麹入の甘酒で、みんなで乾杯しました。   ちらし寿司の銀の器は 以前 マルキン家具の豆皿展にご参加いただいた 野田里美さん作。 我が家では彼女の器・カップを愛用しています。 自宅にこられたお客様が 器を気に入り、購入されることも。   毎日使う 身のまわりのものこそ、こだわって日常を楽しく過ごしていた…