家具のことなら大阪マルキン家具 | おすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

金谷の考え&日常

死生観について考える 執行草舟氏の講義を聴いて

イシキカイカク大学の執行草舟先生、6つ目の最終講義は死生観について。 1時間半 死生観についてわかりやすく教えていただいた。 「どう死ぬか」が決まらないと「どう生きるか」が定まらない。 「最後どうなりたいか」が決まらないと過程が決まらないと言われ とても納得した。 昔の日本人は(明治以降の人達でも)ふつうに皆 死生観を持っていたそうだ。 一般的に知られているのは 「畳の上で死にたい」 「家族に看取…

執行草舟氏 イシキカイカク大学講義 「毒を食らえ」を受講して

「毒を食らえ」 定義: 毒とは我々の肉体・精神そして人生を痛めつける遺物(異相)のことである。 食らうとは それを如何にして消化、吸収し自己かするかということ。   痛手を活力に変換する過程 毒から逃げれば日常性の人生しかない苦労していない人間は大成しない 理不尽が人を育てる 本当の恋は苦しいだけ 毒として人を成長させる   効用: 毒を自己化することによって、我々は無限に向か…

節分の恒例ランチ

今月のマルキン食堂は節分の日。   毎年節分の日のランチには、吾妻寿司の巻きずしと妻の豚汁を用意していますが 今年は彼女がセレクトしたお菓子も加えました。     夜は娘とリビングで豆まき。 かなりハマって楽しんでくれました。 節分は1年の節目。今日から新しい1年が始まります。 風水の師によると 今年は去年に種をまいてきたことを形にしていく年。 今日から去年仕込んでき…

徳勝龍 20年ぶりの幕尻V

4,5年前 法善寺横丁で知り合った徳勝龍 誠さん。 ステキなお人柄と私の里である奈良出身ということで、 親しくなり、 それからいつも番付表を送ってくれています。 (年賀状のやりとりも) 相撲はそれほど詳しくありませんが、 順位が上がっているかを見るのが楽しみで、 今回は上段に名前があったので, スゴイねと 妻と話していました。   新聞を見て驚きました。 徳勝龍さんが優勝していました。 …

致良知のお話から師弟関係・判断力について考える

先日 とある合宿で 陽明学 致良知の話をお聴きした。 私が聞くのは数回目で ざっくり説明すると 人は皆 元々善で、心の中に良知(先天的に人の心にそなわった良心・理性知)がある。 自分のしたい願望・活動を自身の良知にきき、腑に落ちてれば、周りの人たちの幸せに つながれば、それは良知から出た思いなのでOK。 なにか心が引っかかるなどあれば 自分の良知がストップをかけてるかもしれない。   そ…

今月スタッフ2人の結婚式に出席&親子について想う

  マルキンのスタッフ二人が社内恋愛で 結婚しました。 私が入社した1990年代は社員さんは私より年上の男性3人だけだったのが、 2000年代に若手男性社員が、2011年店舗改装頃から女性社員が入社するようになり、 今では女性の方が多く、若手中心の職場になりました。 今回、結婚の話を聞いたときは、わが社もここまでになったかと感無量でした。     10月 2人の結婚式…

西欧で手本とされている江戸時代の教育を田口佳史氏から学ぶ 1

先日 神谷宗幣氏主催のイシキカイカク大学4期を受講し スティーブ・ジョブズをはじめ世界各地 2000社以上の経営者が教えを乞うという 東洋思想研究家 田口佳史先生のお話をお聴きしました。     テーマは「人間とは何か」 今は文明の転換期、わかりやすい転換期は明治維新。 今度1万円札にえらばれた渋沢栄一氏は転換期を上手く活用して 500社以上の会社を興し現在もその多くが現存して…

吉村思風先生の感性論哲学 人格について・仕事についてのまとめ

2016年 再度 吉村思風先生の感性論哲学の講義を受ける機会があり、 そのときのノートを久しぶりに見返しました。 こちらに要約したいと思います。   ◆哲学的歴史のながれ 理性 / 分析・対立 → 感性 / 統合 へ 経営もあらゆるものを結びつけ 相乗効果を出すように、自分自身・組織自体を大きく変えよ 資本主義 → 人格主義経済 へ お金を増やすために働くのでなく、人間が成長・豊か・本物…

【ひな祭り】日常の暮らしを楽しみ、娘の成長を願う。子供の姿勢を守るベビーチェア

雛祭りの日、ママにちらし寿司と卵抜き茶碗蒸しを振る舞ってもらい、大喜びの娘。 麹入の甘酒で、みんなで乾杯しました。   ちらし寿司の銀の器は 以前 マルキン家具の豆皿展にご参加いただいた 野田里美さん作。 我が家では彼女の器・カップを愛用しています。 自宅にこられたお客様が 器を気に入り、購入されることも。   毎日使う 身のまわりのものこそ、こだわって日常を楽しく過ごしていた…

リフォームの参考に。ユニットバスメーカー ショールーム見学

きっかけはお客様のリフォーム時にお風呂について質問されたことでした。   そのお客様のご自宅のバスルームはかなり広く既存のユニットバスの企画外とのこと。 どこか良いメーカーを知らないか と尋ねられ、完全別注の会社を紹介しました。   その時ユニットバスで 大きいバスルームに対応し、ホテルのような高級バージョンも 取り扱いができるメーカーがあればと思っていたところ、 思いがけなく…