家具のことなら大阪マルキン家具 | おすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

社長の日常

西欧で手本とされている江戸時代の教育を田口佳史氏から学ぶ 1

先日 神谷宗幣氏主催のイシキカイカク大学4期を受講し スティーブ・ジョブズをはじめ世界各地 2000社以上の経営者が教えを乞うという 東洋思想研究家 田口佳史先生のお話をお聴きしました。     テーマは「人間とは何か」 今は文明の転換期、わかりやすい転換期は明治維新。 今度1万円札にえらばれた渋沢栄一氏は転換期を上手く活用して 500社以上の会社を興し現在もその多くが現存して…

吉村思風先生の感性論哲学 人格について・仕事についてのまとめ

2016年 再度 吉村思風先生の感性論哲学の講義を受ける機会があり、 そのときのノートを久しぶりに見返しました。 こちらに要約したいと思います。   ◆哲学的歴史のながれ 理性 / 分析・対立 → 感性 / 統合 へ 経営もあらゆるものを結びつけ 相乗効果を出すように、自分自身・組織自体を大きく変えよ 資本主義 → 人格主義経済 へ お金を増やすために働くのでなく、人間が成長・豊か・本物…

【ひな祭り】日常の暮らしを楽しみ、娘の成長を願う。子供の姿勢を守るベビーチェア

雛祭りの日、ママにちらし寿司と卵抜き茶碗蒸しを振る舞ってもらい、大喜びの娘。 麹入の甘酒で、みんなで乾杯しました。   ちらし寿司の銀の器は 以前 マルキン家具の豆皿展にご参加いただいた 野田里美さん作。 我が家では彼女の器・カップを愛用しています。 自宅にこられたお客様が 器を気に入り、購入されることも。   毎日使う 身のまわりのものこそ、こだわって日常を楽しく過ごしていた…

リフォームの参考に。ユニットバスメーカー ショールーム見学

きっかけはお客様のリフォーム時にお風呂について質問されたことでした。   そのお客様のご自宅のバスルームはかなり広く既存のユニットバスの企画外とのこと。 どこか良いメーカーを知らないか と尋ねられ、完全別注の会社を紹介しました。   その時ユニットバスで 大きいバスルームに対応し、ホテルのような高級バージョンも 取り扱いができるメーカーがあればと思っていたところ、 思いがけなく…

スタッフとフレンチディナーへ 接客について想う

おかげさまで 今期 最高売上を達成することができました。 皆でお祝いしようと スタッフたちとフレンチのコースディナーへ。 今回は私の師匠にもスペシャルゲストでご参加いただきました。 ソムリエが勧めてくれたブルーのスパークリングで乾杯。 このお店は私が30代のときによく使っていたお店で 来店するのは かなり久しぶりでしたが 期待にたがわぬ料理で大満足でした。   お任せコースをお願いしたと…

6月18日、朝の地震

今朝の地震 かなり揺れました。 1歳の娘は初めての体験で「コワい」を連発。 たまたま家族3人一緒にいる時でよかったです。 幸い 店も一部オブジェが損傷しただけで 大丈夫でした。 ただエレベーターが自主規制的に止まってしまい、動かすよう連絡したところ 大阪のほぼ全てのエレベーターが止まっており、 復旧は公共のが優先になるので、 できるだけ今日じゅうに間に合うよう努める としか言えないとのことでした。…

Rakuten STAY HOSTEL Art cafe&bar Osaka Shinsaibashi 内覧会にいってきました

大阪のインテリアデザインイベント まちデコールで親しくさせていただいている 小川貴一郎さんや久田カズオさんらが てがけられた、日本初となる新しいホテル “ Rakuten STAY HOSTEL Art cafe&bar Osaka Shinsaibashi ” の内覧会に行ってきました。 心斎橋にあるテナントビルがステキに変化していました。 特に6Fの宿泊者用のラウンジにあるアイアンのシェルフと…

でんでんタウン 町内について思う

昨日 町内会・元会長(地元の名士)のお別れ会(葬儀)に参列した。 故人の大阪中華学校時代からのご友人の弔辞に、 「私たちのあこがれの地 でんでんタウンでお店を創業され」 といわれたことが耳に残った。   1960年代のでんでんタウン   当時の機械工作好きの人たちの特別な場所だとは容易に想像できることだが、 地元のことを 「あこがれ」という言葉で形容されたのは とても新鮮だった…

節分の日 近所にできたBON HOSTEL & CAFE、DINING に行きました
社長の日常 / 2018-02-03

今日は節分の日。 今年も 恵方巻きと豚汁、豆 をスタッフたちのランチに用意しました。 おいしいと喜んでもらい、作った母・妻も喜んでいました。     5階の休憩所に豚汁を運んだら、去年仕入れた 日本のアンティーク家具が売れて 倉庫に置かれてました。 10点ほど仕入れて、今で 半分ほど売れました。 1点モノなので展示から はずれると 少しさびしい気もしますが、売れてくれて 良かっ…

暮らし(家具)から家を考える ライフオーガナイザー若林さん(大阪)のご自宅拝見 
社長の日常 / 2018-01-18

先日の休みに 仕事でつながっているライフオーガナイザー 若林さんの自宅を 訪問させていただきました。積水ハウスでお仕事されていた経験を活かし、家を建てられたので、様々な工夫が施され とても参考になりました。   例えばリビングですが、 ソファを先に決め、ソファのすぐ上に ソファの横幅と同じになるよう窓の位置を決めたり 家具の大きさ、配置を考えて 部屋の大きさを決められているので、 無駄な…