家具のことなら大阪マルキン家具 | おすすめインテリア情報ブログ

TEL:06-6641-0467 ■ CONTACT

  • マルキンブログ
  • google+
  • youtube
  • LINE
  • Instagram
おすすめ家具の情報ブログ

無垢と突板のメリット・デメリット・違いなど

 カテゴリー:家具の素材・塗装について

家具に使われる素材の中で、特に目にすることの多い「無垢」と「突板」。
今日はそれらの特徴、メリット・デメリット、違いなどをお話します。

無垢材と突板

無垢(無垢材)とは

「まじりけがない」「けがれがない」という意味の通り、
何も加工がされていない木そのもののこと。
無垢材とは、森から丸太を切り整えて製材した板のことを表します。

無垢(無垢材)のメリット

・経年変化が楽しめる
・傷も味になる
・重厚で質感があり、丈夫
・長く使用できる

無垢(無垢材)のデメリット

・割れや反りが出る
・継ぎ目がある場合がある
・お手入れが必要
・価格が高め
・重い

無垢材と突板

突板とは

丸太を薄く薄く、約0.2~0.6mmほどにスライスしたもの。
芯材(MDF、集成材、ベニヤなど)の上に突板を貼り付けると、
天然木突板化粧合板になります。
希少性の高い材や高級な材でも広い面積で作ることができるので、
デザイン性重視の家具に使われることが多い。
突板の歴史は古く、海外のアンティーク家具にもよく使われています。

突板のメリット

・木の風合いを楽しむことができる
・メンテナンスが楽
・価格が低め
・軽量で移動する際にも扱いやすい

突板のデメリット

・剥離する恐れがあり、傷つきやすい家具には不向き
・使用頻度の高いテーブルの天板やチェアにもお勧めしない
・経年変化が味わえない

まとめ

それぞれにメリットとデメリットがある無垢と突板。
性質を理解し、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切だと思います。

・お手入れをしながら質感と経年変化をじっくり楽しみたいなら、無垢を。
・見た目とデザインを重視。価格を抑えてメンテナンスが楽な方が良いなら、突板を。

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 藤田

大阪マルキン家具 藤田

大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら
マルキン家具