-生涯ともに過ごせる- 手織りのラグ展[12月10日~12月13日]★事前予約で特別特典有り★

-生涯ともに過ごせる- 手織りのラグ展
[ 12月10日(Fri)~12月13日(Mon)]
MARUKINKAGU. × G.E.M

今回、RUG is ART をコンセプトに活動されているG.E.Mさんとタッグを組み
大阪マルキン家具ショールーム内にて、
-生涯ともに過ごせる- 手織りのラグ展を開催いたします。

12月10日(Fri)~12月13日(Mon)@大阪マルキン家具ショールーム

ギャッベ、トライバル、ベニワレン、ペルシャ絨毯など様々な国のハンドメイドラグを集めました。
色、柄、サイズと全て手織りの1点モノ。
いずれのラグも日本人バイヤーの現地直接買い付けによりお求めやすいお値段でのご提供です。
是非この機会に本物のラグを手にしてみませんか?

予約制でのご案内となります。
12月10日までに店頭又はネットよりご予約頂いたお客様に、
ご予約特典として通常¥11,000(税込)のミニギャッベを特価★¥4,950(税込)で販売させて頂きます。

<注意事項>
・事前にご来店頂き当店にて上記金額を先にお支払い頂く必要がございます。(ネット予約も可能)
・引換券をお渡ししますので当日に引換券をお持ち頂き約50枚ほどの中からお好きなミニギャッベをお選び頂けます。
・¥4,950(税込)にてご購入頂けるのは1組1枚となります。
・2枚以上ご購入頂く場合、2枚目からは¥7,700(税込)での販売となります。

★ご来場はご予約優先となりますのでご連絡下さいませ★
【予約時間帯】
<12月10日(金)>
①11:00-13:00 ②13:00-15:00 ③15:00-17:00 ④17:00-19:00

<12月11日(土)・12月12日(日)>
①10:00-12:00 ②12:00-14:00 ③14:00-16:00 ④16:00-18:00

<12月13日(月)>
①11:00-13:00 ②13:00-15:00 ③15:00-17:00

予約はお電話又はメールにて承っております。
TEL/ 06-6641-0467  Email/net@marukinkagu.net

[各ラグの特徴をご紹介]
◇ペルシャ絨毯

床の上の芸術品と呼ばれる程、目が細かく繊細な手仕事で作られる。
使い込まれることによって魅力が増し、唯一無二の芸術品
玄関に敷く80×60cmサイズで、製作に1年程かかる
素材はシルクやウールを使っている。

光の当たり方、見る角度によって色の見え方が変わる。
季節によって置く向きを変えてお部屋の印象を変える楽しみかたもある。

◇トライバルラグ

イランの部族がつくるラグ
遊牧民族特有の模様や柄があり、地域によって変わる。

ラグに赤色が多いのは、元気の出る色・戦いに勝つなどの意味を込めている。
主な素材はウールを使っている。

◇ギャッベ

イランの西南部に住む遊牧民によって織られている「毛足の長い絨毯」
ギャッベとは、元々ペルシア語でざっくりとしたという意味をもつ。
遊牧民と共に生活している羊の上質な純毛を使用1点1点手織りで作られている
使い込むことで、毛の表情が変化していき味わい深く成長する

ヴィンテージ、オールドギャッべは実際に20~30年以上使用されたもの。
主な素材はウールを使っている。

◇ベニワレン

モロッコ北部に住むベルベル人の遊牧民ベニワレン族によって織られた伝統的なラグ。
ひし形(家を守る/魔除け)の幾何学模様が代表的なデザイン。

無染色の羊毛のみでつくられ軽くて毛足が長く柔らかいのが特徴。
主な素材はウールを使っている。

[普段のお手入れ方法について]
オールドのラグは、すべてクリーニングをした状態で日本へ持ってきている為
到着してからすぐにお使い頂ける状態でお届け致します。

毎日のお掃除は、掃除機やコロコロをお使い下さい。
※吸引力の強い掃除機は、ラグの毛を一緒に吸い込んでしまい
細かくちぎれてしまう為おすすめしません。

イベントについてのお問い合わせ等は、お気軽にお問い合わせください。
手織りのラグ展へのご来場お待ちしております。

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 スタッフ
大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

お知らせ一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事