TEL:06-6641-0467 - MAIL:net@marukinkagu.net

NEWS / BLOG

枚方市S様宅にお届けの高山ウッドワークスのダイニングテーブルとチェア

枚方市 S様宅にお届けの高山ウッドワークスのテーブルとチェア

枚方市にお住いのS様宅に高山ウッドワークスの
ダイニングテーブルとチェアを納品させて頂きました。

ご来店頂いた際、どんな家具をお探しかお伺いしたところ、
ご夫婦でゆっくりと寛げ、木の温もりを感じる
ダイニングテーブルセットをお探しでした。

重厚感のある天板の厚み、そして天然木の美しい色合いと模様、
また手触りを気に入って頂き、こちらのダイニングテーブルに決定。

チェアも同じシリーズの高山ウッドワークスの
アームチェアとアームレスチェアの組み合わせを提案。
座面は使えば使い込むほど味が出るキャメル色のレザーを選んで頂きました。

高山ウッドワークスの原点となる家具デザイナー岩倉榮利氏との出会いのお話を
とても興味深く聞いて頂き、最終的にこちらのダイニングテーブルを
喜んで頂けて私共も大変うれしく思います。

暖かい木の色味とお家の雰囲気がぴったりで、
ずっと永く愛着が湧くダイニングテーブルが、
お部屋の主役になっていてとても良い感じになりました。

これからもずっとご愛用頂けたらと思います。

大阪マルキン家具では高山ウッドワークスの家具を
数多く取り揃えております。

詳しくはこちらをご覧ください。
ダイニングテーブルの詳細はこちら

アームレスチェアの詳細はこちら

アームチェアの詳細はこちら

高山ウッドワークスについて

高山ウッドワークスの原点は家具デザイナー岩倉榮利氏と
一人の木工職人との出会いから始まりました。

岩倉氏は木工職人を引退させるのはもったいない、素晴らしい伝統技術を途絶えさせては
いけないと考え、若者を募ったところ関心が集まり、技術継承と高品質で生産性の高い
工房ができたことで高山ウッドワークスが誕生。

千年以上の歴史を誇る伝統技術が素晴らしい飛騨家具とデザイナー岩倉氏の
究極のモダンデザインが出会い、新しい家具ができました。

どのシーンにも溶け込む洗練された和モダン、デザインは目をひき、
耐久性や使い勝手を考え、適材適所でウォールナット材とオーク材の
絶妙なコントラストはどこか懐かしさを感じます。
20年以上前に作られたにもかかわらず、そのデザインは新鮮で今もなお
愛され続けられているロングライフデザインです。

日本のものづくりに対する思いが詰まった、日本人にとって日本文化の和を見直す
きっかけとなる家具かもしれません。

高山ウッドワークスの家具は現代のライフスタイルにあった提案ができるのも
魅了の一つです。

高山ウッドワークスの商品はこちらをご覧ください。
高山ウッドワークス商品一覧

マルキン公式ブログでもご紹介しております。
『一生涯共に過ごせる家具 飛騨の高山ウッドワークス』

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 スタッフ
大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

関連記事一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事