【納品事例・奈良県K様】家具のカラーコーディネートで統一感あるリビングダイニングに

奈良県にお住まいのK様は家具を新調されるためご来店、統一感を出すカラーコーディネートでリビングダイニングを提案させていただきました。
家具のカラーコーディネートは色選びで統一感を出し、上手に組み合わせることでバランスの良いリビングダイニングに。

奈良県K様邸をご紹介いたします。

K様納品事例1

統一感を出すコツでバランスの良いお部屋に!

ソファ、ダイニングテーブル、TVボードをお探しでご来店。
内装のお話聞くとキッチンの壁がネイビー色を使っているとのこと。
繋がりを持たす為、同色の色を選ぶことをおすすめし、
そのお部屋の顔となるソファを選ぶ際、ネイビー色にすることで、
統一感を出すコーディネートを提案させて頂きました。

お部屋に統一感を出す大きなポイントは、カラーリングのテクニックです。

K様納品事例2

意識せずにたくさんの色合いを使ってしまうと、
お部屋の印象もごちゃごちゃとしてしまいます。

そこで椅子も同様ネイビー色を選び統一感を出し、
メーカーの異なるベンチもイージーオーダーで、
同じ素材の生地を使用し、お部屋のアクセントにボルドー色を選んで製作。

K様納品事例3

アクセントとなるカラーをバランスよく取り入れたり、
色合いを上手に組み合わせることで広く感じ、
スッキリと均整の取れたお部屋になりました。

素材を合わせて、統一感あるお部屋づくり!

統一感あるお部屋づくりを意識し、
あーしたい!こーしたい!などチャレンジしてみたいインテリアのイメージがあっても、
なかなかまとまり感のある雰囲気が出ないと悩んでいる方も多いと思います。
そんな方はまず選ぶ家具の素材を合わせてみるのもおすすめです。

K様納品事例4

今回のK様邸もウォールナットを基調とし、
ダイニングテーブルも角があるシャープな印象ですが、
マリリンチェアなど曲線のフォルムが柔らかさを出す為、
中和されてやさしい印象と高級感が出ました。

K様納品事例5

ソファもTVボードとウォールナットで統一し、
重厚感のあるフレームと丸みのあるクッションで、
柔らかい印象に!

K様納品事例6

K様!とても良いお部屋を撮影にご協力頂きありがとうございました。

このように異なるデザインでも、同じ素材を選べばバランスの取れた室内になり、
スッキリとしたお部屋を生み出しすことができます。

お部屋をまとめるコツやある一定のルールをつくると
統一感が生まれ、お部屋のイメージができやすくなりますよ。

是非一度参考にしてみてはいかがでしょうか。

リアムソファの詳細はこちら

エダンダイニングテーブルの詳細はこちら

マリリンチェアの詳細はこちら

トッポベンチの詳細はこちら

グロッセTVボードの詳細はこちら

The following two tabs change content below.

お知らせ一覧

人気の記事

最新の記事

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

アーカイブ