無垢と突板のメリット・デメリット・違いなど

突板 無垢材 違い

「無垢(材)」と「突板」は、家具に使われる素材の中で特に目にすることの多い単語です。
どちらかが良いという訳ではなく、それぞれにメリットとデメリットがあります。
「無垢(材)」と「突板」の特徴、メリット・デメリットや違いなどを簡単にお話します。

無垢(無垢材)とは

読み方:ムク(ムクザイ)
無垢は「まじりけがない」「けがれがない」という意味で、無垢材は何も加工がされていない木そのものを指します。
家具に対して使う無垢(無垢材)とは、天然の丸太を切り整えて製材した板のことを表します。

無垢(無垢材)のメリット

・経年変化が楽しめる(オイル塗装の場合)
・傷も味になる(オイル塗装の場合)
・重厚で質感があり、丈夫
・長く使用できる

無垢(無垢材)のデメリット

・割れや反りが出る
・一枚板でなければ、継ぎ目がある
・お手入れが必要(オイル塗装の場合)
・価格が比較的高め
・重い

無垢材と突板

無垢材と突板

突板とは

読み方:ツキイタ
丸太を薄く薄く、約0.2~0.6mmほどにスライスしたもの。
芯材(MDF、集成材、ベニヤなど)の上に突板を貼り付けると、天然木突板化粧合板になります。

希少性の高い材や高級な材でも広い面積で作ることができるので、美しい木目が求められるデザイン性重視の家具に使われることが多い。
突板の歴史は古く、海外のアンティーク家具にもよく使われています。

突板のメリット

・木目が美しく、木の風合いを楽しむことができる
・テーブルの場合、一枚板のような風合いを楽しめる
・価格が比較的低め
・軽量で移動する際にも扱いやすい

突板のデメリット

・剥離する恐れがあり、傷がつくと芯材(下地材)が見えてしまう場合がある
・使用頻度の高い家具にはお勧めしない

パラレル 中山家具 テレビ台 テレビボード 無垢 突板
▲ 前板は無垢材、天板は突板の国産TVボード。

パラレル 中山家具 テレビ台 テレビボード 無垢 突板
▲ 突板は継ぎ目のない突板を使用しているので、木目が美しいです。

サイズや価格など
パラレル テレビボードの
詳細はこちら

まとめ

それぞれにメリットとデメリットがある無垢と突板。
性質を理解し、自分のライフスタイルに合わせて選ぶことが大切だと思います。

大阪マルキン家具では、無垢材の家具・突板の家具を多数展示しております。
それぞれの特徴を確認しに、ぜひご来店ください。
皆様のお越しをお待ちしております。

オンライン相談・ご来店予約などを受け付けております。

大阪マルキン家具では、「ご来店のご予約」を承っております。
また、「ZOOMなどによるオンライン相談」も可能です。

オンライン相談・ご来店予約の
ページはこちら

お電話でも承りますので、お気軽にお問合せください。
お問合せ先:06-6641-0467
営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日)

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 藤田

大阪マルキン家具 藤田

大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

お知らせ一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事