家具から考えるリフォーム 「間取り変更」  丹波篠山市 

家具から考えるリフォーム。 間取り変更 について。
2020年春 丹波篠山市にある築35年以上の家を大阪マルキン家具がリフォームすることになりました。

今回は「間取り変更」「残すところと変えるところ」について紹介します。

こちらの物件は 上にある写真のように、道路に面した北側正面に 増築された2階建の建物があり、奥にある門と2階建母屋が見えにくい状態になっていました。
増築部分は外観は2つに見えますが1つの建物で、1階が車庫、2階が事務所になっています。

西南からみた物件     西南から見た母屋(左側が増築された建物)
上等な瓦が使われ、お城の天守閣にある派風(はふ:屋根の出っ張りのようなもの)が見られます。

※今回のリフォームで間取りを変更した箇所
1 増築部分を更地に
門・塀付の和風建築に不似合いで大きすぎる増築部分。見た目だけでなく、門から比較的交通量のある道路への視認も悪く、取り壊すことにしました。

増築部分1階増築部分と母屋の接続部分。右奥が駐車場になります。
内部は風通しが悪く、空気が重く感じられました。

解体直後の建物解体直後の画像。 前方が開け すっきりした印象になりました。 この後、ドアの新設や壁の塗装を行う予定です。

解体前の建物解体前のbefore写真

2 廊下奥の壁を壊して廊下幅を一定に
玄関から真っ直ぐのびる廊下が奥にいくと壁が現れ 横幅が半分になります。(前に木製衝立がある箇所)
これだと気分的に奥に進みにくく、視覚的にも圧迫感があるように感じます。

この壁の裏側は収納になっています。

さらに奥には行く手を遮る壁があり左右に分かれてキッチン・6畳の部屋に至ります。。

動線のシンプルさと視覚的効果を考え、これらの壁を取り除きました。

中央の柱を外してもらい階段を隠します。(大工さんが頭を悩ませた工事になりました)

右側にあった壁を取り除くことでシンプルでスッキリした廊下が出現しました。

3 3つの部屋と廊下を合わせてLDKに
昔の家によくあるように、部屋数が多かったので8畳・6畳の和室とキッチン、周囲の広縁・廊下を合わせて、LDKにしました。

8畳の部屋と広縁解体前の8畳の部屋と広縁、収納建具

以前のキッチン地元の不動産屋によって新設されたキッチンルーム (解体前)

キッチンルームから6畳の部屋、8畳の部屋をのぞむ

左から キッチン・6畳・8畳の部屋左から キッチン・6畳・8畳の部屋
正面の押入れと その左手にある壁を取り除き、その奥の廊下も含めて 1つの部屋にします。

リフォーム途中。
各部屋・廊下を仕切っている壁・押入れを取り除くと 幅12mの横長の空間が誕生しました。

 

さらに2階の14畳ある納戸部屋。見事な梁が縦横に走っていますが、梁の位置が低く、かがまないと梁を通れず
部屋として活用しづらいので、半分近くの床を外し、リビングの吹き抜けにすることにしました。

工事後半のLDKの吹抜けの様子。
空調効率が悪くなるなどマイナス面はありますが、天井が高いと抜け感があって開放的になりますね。

4 2階にある6畳と4畳半の部屋を1つにし ゆったりした寝室をつくる

2階には納戸をいれると5つの部屋があります。
こちらに住む家族の構成から考えると部屋を1つ減らし、寝室を広くすることにしました。

写真上から リフォーム前の6畳と4.5畳の部屋。

工事途中 部屋を間仕切る壁と天井をとった状態

リフォーム後の寝室。寛げるように床はじゅうたんに。
ベッドの位置を決めた後、天井の照明位置を決めました。ゆったりと落ち着いた空間になりました。セミダブルベッドを2つ並べます。

 

東南に位置する 床の間のある和室や広縁は状態も良く趣のある造りなので、改修を畳・床や壁の塗替えと最小限にとどめました。

 

リフォームで大切なことの1つは 「何を残すか」 です。
残すところを決めることで メリハリをつけて予算を抑え 費用体効果の高いリフォームにします。

とはいえ、こちらの家は面積が広いので なかなか費用がかさみそうです。

現在リフォーム継続中なので、 完成までの経過報告も兼ねて紹介したいと思います。

 

The following two tabs change content below.
代表 金谷光憲

代表 金谷光憲

大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

お知らせ一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事