日進木工の北欧モダンを感じさせるダイニングテーブルとチェア

70周年を迎えた日進木工から、ダイニングテーブルとチェアをご紹介。
モダンなデザインで、シンプルで完結した家具づくりを理想として生まれた、飛騨高山の家具。
そんな飛騨高山で生産を行う日進木工の、北欧モダンを感じさせるダイニング家具を是非ご覧ください。

日進木工はモダンで、技術の素晴らしさに定評があり、品質にもこだわっております
材料の性質と用途に合わせて加工するだけの製品は他社でも作ることが出来るでしょうが、日進木工は良材を無駄なく大切に最適な仕口を見極め実現する技をもち、さらに外観上も極めて高いまとまりをみせることに成功した家具を多く取り揃えております。

今回ご紹介するのは日進木工のハウスデザイナーとモデラーが3年間と云う歳月をかけてまとめあげた椅子を中心に、いずれもこれまでの日進木工を超えた仕上がりをみせるものばかりですので、是非ご覧ください。

はっきりとした木目が美しいホワイトアッシュのテーブル

N KAZE ダイニングテーブル

乳白色のフィルム貼りのガラス天板、本体ははっきりとした木目が美しいホワイトアッシュのテーブルです。

N KAZE ダイニングテーブルの天板

乳白色のフィルムはテーブル下が明瞭にならず女性に配慮したセレクトです。
中央部が少し膨らんだ樽型の天板は、座ったときにやや内側を向く格好になるので、隣の人とも顔があわせやすく自然と会話が弾みます

安心の強度

幕板と脚を斜め45度に接合する三方留めや幕板の面取りは、見た目の美しさとガラスを支える安心の強度があります。

N KAZE ダイニングテーブルの面取り部詳細

N KAZE ダイニングテーブルで取付金具を隠す蓋

さらに、細部にまでこだわっており、脚の取付金具が見えないようフタを設けフォルムの見た目の美しさを追及しております。見た目の美しさと使い勝手への考慮を兼ねた機能的な美しさを秘めています

N KAZE ダイニングテーブル+NAMI チェア 詳細はコチラ

耐久性に優れた美しいフォルムのチェア

続いてN KAZE ダイニングテーブル ガラストップに相性が良い椅子をご紹介。
繰り返しフォルムを追求し、3年の歳月を経て完成したKAZE SOLA NAMIの3脚。
そのうちのひとつ「NAMI」です。

NAMI

主材ははっきりとした木目が特徴のホワイトアッシュ。
細く縁取る木部フレームが張地を引き立てます。
張地のセレクトでチェアの印象ががらりと変わる一脚です。
繊細なラインによるフォルムの美しさと職人の技術を感じさせます

NAMI

新素材との融合をテーマに、背・座面にエラストメリック(※1)を張り、座にはクッション材としてフュージョン(※2)を取り入れました。

NAMIの座面詳細

薄く堅牢な機能素材を使うことでシャープなフォルムと背張りチェアの快適性を両立。
また、メッシュ素材のため長時間座っていても底付き感がなく、通気性も良いので快適です
新しい素材の探求から生まれた一脚です。

NAMI

※1:エラストメリック デュポン社のポリエステルエラストマー(ハイトレルTM)を使用したメッシュ素材。伸縮性がありクッション材としての機能も果たす表張り素材です。
※2:フュージョン 旭化成せんいのクッション素材。三次元立体編物により、薄く耐久性があり、体圧分布に優れています。

是非、マルキン家具で新素材の座り心地をお試し下さい。

日進木工70周年記念モデル 70 settanta FUYU(フユ) ダイニングテーブル

日本の凛とした美意識と北欧モダンのクラフトマンシップを感じさせる家具。
繊細なラインによるフォルムの美しさ、職人の面加工や仕上げなどのクオリティーの高さが、よりオリジナリティのある美しさを実現しています。

FUYU(フユ) ダイニングテーブル

上質さを際立たせる為、天然木へのこだわりはもちろん、天板にもこだわりが感じられます。
重々しくなりがちな無垢材のテーブルですが、天板と脚の間に隙間を作ることで圧迫感を減らし、縁や脚に丸みをもたすなど柔らかさを表現する為、アール部分をカットすることで、軽快なフォルムに仕上げました

FUYU(フユ) ダイニングテーブルの天板端の詳細

建築物の構造を継承し、その技法を家具活かしております。
天板の裏側への丸みや、脚の形状などに変化を加えることで、シャープな印象に仕上がりました。

FUYU(フユ) ダイニングテーブル 詳細はコチラ

冬の飛騨高山をイメージした FUYU(フユ) ダイニングチェア

冬の飛騨高山をイメージし木目の美しさもデザインに取り入れた日進木工の新しいスタイルのチェアが誕生しました。

FUYU(フユ) ダイニングチェア

アームのデザインが特徴

脚まで繋がったアーム、直線の中にも丸みの加工が施されのカットがとても美しく、優しい印象に仕上げっています
肘を置いた感じが心地よくなるよう、先端に比べ中央の幅を広く設計。

FUYU(フユ) ダイニングチェアのアーム部

背もたれ、座面のデザイン

背中からお尻まで一体となってしっかりと支えてくれます。座面の形状に加え、背もたれにも緩やかなカーブを作り背当り良好

FUYU(フユ) ダイニングチェアの座面

FUYU(フユ) ダイニングチェア 詳細はコチラ

よりモダンなデザイン、卓越した書家がひく一本の線の様な、足すことも引く必要もないシンプルで完結した家具づくりを理想として、半世紀を超える経験と飛騨高山の豊かな自然と技のなかでこそ生まれ熟成された家具をマルキン家具では多く取り揃えております。

大阪マルキン家具には、この他にも様々な日進木工の展示がございます。
どうぞお気軽にお問い合わせ、ご来店くださいませ。

オンライン相談・ご来店予約などを受け付けております。

大阪マルキン家具では、「ご来店のご予約」を承っております。
また、「ZOOMなどによるオンライン相談」も可能です。

オンライン相談・ご来店予約のページはこちら

お電話でも承りますので、お気軽にお問合せください。
お問合せ先:06-6641-0467
営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日)

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 スタッフ
大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

お知らせ一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事