突板ダイニングテーブル おすすめ

突板 KIZA キザ ダイニングテーブル 鉄脚

人気上昇中の突板ダイニングテーブル。
おすすめの商品は?その魅力とは?メリットやデメリットは?
大阪マルキン家具流「突板のダイニングテーブルがおすすめの理由」を含め、おすすめの商品をいくつかご紹介。
快適なダイニング生活を送るためのお手伝いをいたします。

突板が人気を集めるようになった理由

新型コロナウイルス禍により、日本のみならず世界的にも「ウッドショック」が進み、木材価格が高騰
今のところ収束の見通しが立っておらず、今後もしばらくはこの状況が続いていくと思われています。
これに伴い無垢材の商品の値上げを行うメーカーが増えているので、突板の商品の人気が徐々に高まりつつあります

無垢と突板のメリット・デメリット・違いなどの詳細はこちら

突板について

読み方は「ツキイタ」。
約0.2~0.6mmほどに丸太を薄くスライスしたもののことを言います。
MDF、集成材、ベニヤなどの芯材の上に突板を貼り付けると、天然木突板化粧合板になります。

突板を使うと高級な材や希少性の高い材でも広い面積のものを作ることができるので、美しい木目が求められるデザイン性重視の家具に使われることが多いです。
突板の歴史はとても古く、海外のアンティーク家具にもよく使われています

無垢材と突板

無垢材と突板

突板のメリット・デメリット

メリットは、木目が美しく、スタイリッシュ
一枚板のような風合いを楽しむことができるのに、価格が比較的低め
無垢材に比べると軽量なので、移動させやすい

デメリットは、剥離する恐れがあるので傷がつくと芯材(下地材)が見えてしまう場合がある。
そのため、メーカーに依頼しないと修理をすることができません
無垢材であってもウレタン塗装なら修理をすることができないので、悩まれた後に突板を選ぶ方が増えてきています。

そこで今回は、おすすめの突板ダイニングテーブルをご紹介します。

大阪マルキン家具おすすめ・突板ダイニングテーブル

突板のダイニングテーブルは木目が美しく、スタイリッシュなものが多いです。
モダンなデザインを邪魔しないので、おすすめ。

KIZA(キザ)

突板 KIZA キザ ダイニングテーブル 鉄脚

シンプルながらもスタイリッシュモダンなデザイン。
見る角度によって印象が変わる、多彩な表情を持つダイニングテーブルです。

6cmの分厚い天板を斜めにカットしてあることで、短手側から見ると存在感があり、長手側から見ると軽やかな印象
脚は、プレート状の金属を曲げて作っています。
その美しいラインは、見る角度によって大きく印象が変わります。
長手側から見るとどっしり力強く、短手側から見ると繊細で華奢な脚に見えます。

突板 ダイニングテーブル キザ スタイリッシュ

スタイリッシュな脚が特徴的、突板ダイニングテーブルKIZAの詳細はこちら

TOME(トメ)

突板 ダイニングテーブル トメ

サイズオーダーで合わせやすいダイニングテーブル「TOME(トメ)」。

突板 ダイニングテーブル トメ サイズやカラーが選べる

サイズやカラーが選べる、突板ダイニングテーブルTOMEの詳細はこちら

大阪マルキン家具では、他にも色々な家具を多数展示しております。
どうぞお気軽にお問い合わせ、ご来店くださいませ。

オンライン相談・ご来店予約などを受け付けております。

大阪マルキン家具では、「ご来店のご予約」を承っております。
また、「ZOOMなどによるオンライン相談」も可能です。
オンライン相談・ご来店予約のページはこちら
お電話でも承りますので、お気軽にお問合せください。
お問合せ先:06-6641-0467
営業時間:10:00~19:00(定休日:水曜日)

The following two tabs change content below.
大阪マルキン家具 藤田

大阪マルキン家具 藤田

大阪マルキン家具 〒556-0005 大阪市浪速区日本橋5-11-3 (グーグルマップで見る 営業時間:11:00~19:00(定休日:水曜日) 電話番号:06-6641-0467 / ファックス番号:06-6641-4706 Email:net@marukinkagu.net ホームページはこちら / オンラインショップはこちら

お知らせ一覧

大阪マルキン家具オンラインショップへ
スタッフ募集ページへ

最新の記事